安江ワニ子

WANIKO YASUE

安江ワニ子と申します。九州の福岡柳川出身です。生まれ時から身体が大きく父親の口癖『スポーツをやっとると悪さをする暇が無かけん、何でも良かけんスポーツをしろ』って。

 

 三人兄妹で、ソフトボール、バレーボール、陸上。高校で砲丸投げで全国大会出場。実業団で、名古屋の会社に入社。

 

 19歳で16歳年上の主人に出会います。20歳で一緒になり、2人で居酒屋を。5年後に、次の事業、更には

 

会社を立ち上げました。自動車部品のライン整備を。ワニはいつも主人の側で現場の助手、町内のお付き合い、子供の役員、息子の野球追っかけ(笑)。

 

 息子が小学3年の時、『俺野球選手になりたい』「どうして〜?」『俺、自分のプレーで体の弱い人を元気にしてあげたい』と‥夢を語ってくれた。ワニは息子の言葉に、一緒に夢を叶えよう〜 母として何が出来るんだろう〜〜

 

 此処からまた、沢山の方々に良きご縁を頂き、仲間が出来、お喋りする事が大好き!! が!! また! ご縁に繋がって行きました。

 

一度会ったら一生忘れさせない存在感であるので、皆さんが私と会うだけで元気になれる。慈愛に満ち溢れたおかんの代表。息子をプロ野球選手に育て上げ、豊富な人生経験を持つ九州女です!