岩倉豪(つよぽん)の格闘技教室

岩倉豪岩倉豪(いわくらつよし)は、日本の総合格闘家。高知県出身。使用スタイルはブラジリアン柔術、空手。

 

【経歴】 愛知県刈谷市刈谷東中学校に入学と同時に柔道部に入部。近隣の大府西中学校の同学年には吉田秀彦がおり、練習試合で組んだ経験があった。

 

20歳を超えてから緑ボクシングジムに入門。当時、ジムには飯田覚士が在籍していた。 

 

22歳時、強さを探求する過程で、合気道の塩田剛三のセミナーに参加。本気で殴りかかった勢いを利用されて飛ばされる[2]。そのまま受け身の取れない角度で落とされて左肩を外されることになる。後の柳龍拳との戦いで有名になったため、岩倉は古武術や合気道に批判的と思われがちだが、「古武術の本物と偽者は全然違う。塩田先生は本当に強かった」「あれは超能力でもやらせでもなく、人体の構造を理解した本当の技術だ」と語っており、塩田のことは全面的に認めている。 

 

その後、空手道正道会館およびブラジリアン柔術(バルボーザ柔術)に入門。空手では新人戦で準優勝、柔術では青帯・紫帯でいくつかの大会で優勝[要出典]。探偵ファイルに関わりを持ち、山木陽介やプロ格闘技選手の打撃コーチを務める。 

 

2006年11月26日、35歳時、大東流合気道の達人こと柳龍拳と対戦し、他流試合や異種格闘技戦に関心を持つ者の注目を集める。この試合の動画はYouTubeで2006年11月27日 - 28日にMost Viewed (Today)の一位となり、世界最高の再生数を記録した。詳細は柳龍拳・他流試合の項参照。 

 

2009年4月25日、『TRIBELATE vol.23 〜Hybrid Club Fight〜』にてプロ格闘技デビュー。ジョナサン・ゲーリーとの対戦で敗れる。 

 

2012年5月20日、『ライジングオン九州』にて総合格闘技ルール無差別級の戦いにて体重差10キロ以の相手をチョークスリーパーでタップアウトさせ勝利する。 

 

2016年3月25日、『巌流島 (格闘技団体)STARTING OVER 公開検証3』に出場、巌流島ルールで螳螂拳・ 瀬戸信介に敗れる。